Gallery

ギャラリー
2017/7/6 17:55

古井戸花壇のあるスモールガーデン(練馬区)

洋風の井戸をイメージした花壇で、まだ小さいですが、バラが絡んでより美しくなる予定です。
自然石を使った花壇はレンガ敷きとの隙間にも植栽することで、より自然の雰囲気がでてきます。
塗り壁に砂利を混ぜ込み、そこを削るように仕上げることで、古井戸のイメージを演出しました。
ブルーグリーンのウッドデッキには、蓋を付けて、ちょっとした収納スペースがあります。
練馬区に住む施主様のスモールガーデンのリフォームです。
ご依頼内容は、様々な植栽を楽しんでいたのですが、雑草も蔓延ってきてしまったので、綺麗にしてほしいということでした。
多年草や宿根草、そしてバラがお好きな施主様で、洋風なお庭をご希望だったのですが、具体的なイメージはお任せでデザインしてほしいということでした。
また、ご自身で敷いたレンガもかなりの数があったので、そちらも利用できないかということでした。
基本的にはお任せでデザインとのことでしたので、今回は思い切って特徴的なフォーカルポイントに古井戸花壇を施工してみました。アイアンのつるべ井戸を塗り壁花壇に取り付け、弊社運営のガーデンショップにあったブリキのハンギング鉢を吊るして演出しました。
アンティークな雰囲気に統一したかったので、自然石で花壇を作ったり、ウッドデッキもブルーグリーンの渋めの塗装を施しました。
床面は既存のレンガを再利用して、足りない部分は花壇にも使用した自然石と、人工枕木を追加しました。
ウッドデッキやレンガなどの舗装を行ったことで植栽スペースは減ってしまいましたが、花壇に高さの変化ができ、また花壇毎にエリア分けして植栽できるようになったため、管理がしやすくなりました。