Gallery

ギャラリー
2017/7/30 9:29

新築外構&リガーデン工事(東京都 東久留米)

クランク門塀とR型アルミフェンス
門塀裏のポストの下の隠し蛇口
玄関ルームからの景色
ウリン材を使用した現代風の袖垣
斜めに迫り出す延段にあわせて、縁側デッキも斜めのデザインに
お庭で咲きはじめていたボタンのつぼみ
ワンちゃん用の温水シャワー付きの立水栓
東京都 東久留米の新築の外構工事と古いお庭のリフォームのご依頼の現場でした。
東京では普通にあることですが、玄関から道路までの距離があまりない立地条件でのクローズ外構のご希望でしたので、門扉、階段、門塀の配置を考慮する必要がありました。
また、駐車場前の道路が狭かったので、その玄関周り部分に駐車のための隅切りも考えなくてはならず、東京としては敷地の大きな現場でしたが、門周りに苦慮しました。
お庭も広いため、大きなリフォームではなく、窓前の景観とワンちゃんのためのデッキがメインの造作になりました。
写真では中々わかりにくいところですが、前述の通り玄関前の使い勝手を重視しつつ、少しでも緑化スペースを入れられるように、門塀を斜めクランクさせたり、ウッド調のアルミフェンスを曲線型にしたりして、緑のある外構を目指しました。
車の洗浄や玄関周りの植物の水やり用に、門塀の裏に勝手に使われないように、隠し蛇口をつけました。
お庭部分では玄関に入ると正面にある窓からの景色の部分は既存の灯篭を活かしながら、坪庭風のお庭にリガーデンしました。
駐車場から坪庭部分を通って、リビング前のデッキまでは、土の上を歩いて行かなくてもいいように、変形の縁側デッキや延段を配置して、デッキの上にはワンちゃん用の温水シャワー付きの立水栓も設置しまいた。