特殊条件の目隠し希望を解決した造園工事(杉並区)

有限会社庭樹園

03-3996-8211

〒179-0075 東京都練馬区高松6-3-21

【営業時間】AM9:30〜PM6:00【定休日】水曜日・第3日曜日

特殊条件の目隠し希望を解決した造園工事(杉並区)

お庭

特殊条件の目隠し希望を解決した造園工事(杉並区)

お庭のリフォームのご依頼で、その中でももっとも特殊なご要望がお隣のお家の1階窓から、施主様宅の2階のリビング窓への目線を隠したいというものでした。また、リビングが2階のため、お庭を上から眺めるか、1階からだと寝室窓ではなく、お風呂場の窓から眺めるということも事前にお聞きしていたので、そのことを想定したデザインを考えました。

まず大きな問題の目隠しは、既存のアルミ系フェンスでは構造的に高さ制限もありますので、ウッドで制作することにしたものの、だからと言って完全に窓を隠す高さまで、平面構造のフェンスを立ち上げるわけにもいきませんでした。そこで、風圧を考慮した高さと目隠しを両方解決するために、控え柱をフェンス手前に設置して、さらにその柱を上端まで立ち上げたところにパーゴラを設置する案にいたしました。フェンスの高さ、パーゴラの高さ、位置(幅)、そしてルーバー状の桁の間隔などを、細かく現場調査を元に計算して制作するのには苦労はしましたが、結果的には施主様の大きな2階の窓からお隣の窓をしっかり目隠しできました。この構造はフェンスの高さを最小限に抑えられて、かつパーゴラのルーバー形状は上からの光を遮りにくいので、お隣のお家の窓から見ても圧迫感を最小限に抑えられたと思います。

お庭の床部分のデザインについては、完成写真の角度からの景色がちょうど1階のお風呂場からの目線のため、そこから見て植木を左右交互に配置したり、重要な奥の隣地の庭部分にはしっかりウッドフェンスを配置して、お風呂場への目線を遮るようにしました。左右交互に植えた植木は目隠しだけでなく、お庭の奥行感を増す効果にも繋がっています。
そして、既存の赤いコンクリートタイルを斜めに配置することでお庭のデザインに変化を持たせることができ、2階のリビングから見下ろしてみても楽しめるデザインになりました。

東京という狭小地の多い土地柄、隣地との目隠しの必要性も多く、ご依頼ごとに様々なアイデアを考えることは大変でもありますが、楽しさでもあるのかもしれません。
今回の現場のように、東京では2階がリビングの住宅が非常に多くなっていますが、そうするとお庭を眺める場所がなくなり、建蔽率の関係で必ずできるお庭スペースの存在価値がなくなっています。お庭や緑を眺めることは、たとえ小さくてもリラックス効果や季節の変化を感じることができるため、健康的な暮らしにもつながります。
当社はどうしても建築後にご依頼さることが多いため、今回の例のように建築側の問題点を解決しながら設計せざるを得ませんが、これからはもっと「ガーデン・エクステリア」と「建築」が共存したワンランク上の住宅設計が必要なのではないでしょうか。

TOP